私のTaskerの使い方

私のTaskerの使い方をまとめてみる。
とは言っても私は大きく3つのことしかしていない、それは下記の3つだ。それぞれのプロファイルを書くと

・画面の自動回転のオンオフ
Contexts→Application→画面の自動回転をオンにしたいアプリを選択(ギャラリーなど)

Display→Display AutoRotate→On
Exit Display→Display AutoRotate→Off

・特定のカレンダーに予定がある時にサイレントモードにする
Contexts→State→App→Calendar Entry→Calendar→カレンダー名を選択
Calendarの右側にある虫眼鏡アイコンからカレンダーを選べます

Audio→Interrupt Mode→None

・外出中にマナーモードにする
Contexts→State→Net→Wifi Connected→SSID→自宅のSSIDを選択
SSIDの右側にある虫眼鏡アイコンからWi-FiのSSIDを選べます

Audio→Silent Mode→Off
Exit Audio→Silent Mode→Vibrate

となる。この3つだけだがそれぞれ専用のアプリを入れたりするよりメモリの消費を抑えられる(と思う)し、細かい設定ができるので重宝している。
例えばマナーモードのプロファイルはCloneしてWi-FiのSSIDをいじるだけで実家や友人宅も設定できる、またSSIDの代わりに Location→Netで設定すれば3Gを使って現在地を設定できるので「帰宅したらWi-Fiをオン」といった設定もできる。こういった柔軟性がTaskerの魅力だと思う。

2016-04-24追記
Android 5.0へのアップデートに伴いサイレントモードのOffが削除された、その代わりとしてInterrupt ModeのNoneの使用が
薦められているのでそのように本文を書き換えた。もし4.4以下で使用する場合本文の

Audio→Interrupt Mode→None

Audio→Silent Mode→Off

と読み替えて頂きたい。