私の考えるスマートテレビの将来

TV control
Creative Commons License photo credit: apdk

 私はやがてスマートテレビが普及すると考えている、将来普及すると私が考える

スマートテレビの姿をここに書く。

スマートテレビの特徴

スマートテレビの特徴としては主に三つがあると考える。
・インターネット上のコンテンツを楽しめる
・第三者による自由なアプリ開発、およびそれを公開するマーケット
・スマートフォンやタブレットをリモコンとして使えること
以下一つずつ解説する。

・インターネット上のコンテンツを楽しめる
インターネット上のコンテンツ、具体的にはYouTubeやニコニコ動画のような
無料コンテンツ、あるいはHuluやバンダイチャンネルのような有料コンテンツ、
を横断的に扱えること。

・第三者による自由なアプリ開発、およびそれを公開するマーケット
第三者による自由なアプリ開発、より具体的に言えば便利なアプリ、ウィジェット、
ゲームなどである。

・スマートフォンやタブレットをリモコンとして使えること
現在のGoogle TVのリモコンのような多数のボタンのついた
複雑なものではなくスマートフォンやタブレットを利用し
必要な時に必要なだけのボタンを表示する形に納めること。

これらから導き出せる理想のスマートテレビはコンテンツを検索により
ユーザーが見つけるのではなく、ソーシャルや利用状況からの学習により
テレビの側からインターネットであれ地上波であれ区別なくコンテンツを
推薦してくる形であろう。

ソーシャルによる推薦というのは具体的に「友人が+1したHuluの番組」や
「自分と似た趣味を持つ人々の評価が高いYouTubeの動画」などを推薦するシステムである。

一方利用状況からの学習はもっと簡単でジャンルや説明文のキーワードなどを元にすれば良い。

ここから言えることは今後GoogleはGoogle TVのためにGoogle+の強化を、
AppleはApple TVとTwitterやFacebookとの連携強化をするべきだということである。